パン・お菓子の生地を延ばすパイローラーとパンのガス抜き成形をするモルダー製造・販売
正城(マサキ)機械株式会社のホームページです。


製品案内 パイローラー >PZA型パイローラー
他のパイローラーを見る IR PZA PXC PRT PMM  

PIE ROLLER
IR

新型パイローラー『IR』
カタログPDF
承認図PDF 

標準仕様 標準型
全  長 2,300mm
全  幅 735mm
全  高 1,340mm
ロール径 120φ
ロール幅 450mm
ロール間隔 0.5〜32
能  力 1回約3kg
電  源 200V
3p 0.6kw
重  量 195kg
メンテナンスをする方にとって良いパイローラとは何でしょう

機械を使い続けていくうえで、メンテナンスは欠かせません。

調整が簡単でいつでも出来るパイローラーがこの『IR』です。

パイローラーにはロールを回すチェーンの張り調整や生地を運ぶベルトの交換をはじめいろいろなメンテナンスがあります。

メンテナンスの側面から『IR』の改良進化についてご紹介いたします。
 

メンテナンスをする方にとって良いパイローラー

チェーン個所は全て個々に張り調整が可能


長期に渡り使用しているとチェンは必ず伸びてガタが大きくなるとガチャガチャうるさくなってきます。
適度な張りを維持するメンテナンスに『IR』のチェーンはそれぞれ1本ずつ張り調整が出来るようになっています。
複数を同時に調整する機構に比べ簡単に手早くメンテナンスが行えます。

チェーンの取り扱いは定期的な給油と交換が必要です。
チェーン交換の際にも個々の張り調整でスムーズ作業出来ます。

模倣防止のため画像を荒くしてあります

電気BOXを上部に配置し作業をしやすく
困った場合は取り外してメーカー対応も可能


従来機種は一部を除き機械下部に電気BOXを配置していましたが、『IR』は上部に配置しました。
低い位置での無理な姿勢での作業を必要とせず、自然な姿勢で作業をしていただけます。

また、電気のトラブルで不良個所の見極めが難しい場合は、BOXごと外せますので、メーカーに修理依頼も可能です。
故障の可能性の部品の交換を何度も繰り返すよりも迅速に復旧できる場合も多々あるかと思います。
各部軽量化で作業時の負担を軽減


ベルト交換時にはテーブルを引き抜いて作業しますが、作業時の負担軽減の面からもベルトを回すローラーなどの重さを軽く設計しなおしました。


また、軽量化されたロールを受けるベアリング等の負担も軽くなるので機械・部品の長寿化にも寄与します。
ロール間隔の調整はいつでも何度でも


従来と異なる締結方法を採用して、希望通りの厚みに設定することが可能になりました。

仕上げたい厚みの目盛を通しても思い通りに仕上がらない場合は、簡単な工具で全体の厚さを調整することが出来ます。

永年の使用で目盛が合わなくなってきた場合などにも再調整が可能です。

テーブルを延ばした状態の折りたたみ部分の高さ調整まで可能


テーブルを広げた状態の跳ね上げ部分の高さを調整可能にしました。
他の機械に乗り移る場合や、作業の都合で平行を保ちたい場合に微調整できます。
永年の使用で下がり気味になった場合も効果を発揮します。

調整機能は導入時の水平を保つためもしくは微調整で上下させるための機能で、他の機種に乗り移らせるためなどの高さ調整ではありません。
希望の高さにする場合は、オプションのシャーシの高さ変更などをご検討ください。
誰にとってどう良いのか
立場が違えば考えも違うと思いますが良いパイローラーはだれにとっても良い事がたくさんあります
他の立場の方にとって良い事も確認してみましょう
使う方にこんな良いこと

管理する方にこんな良いこと
IR最初のページに戻る





製造・販売する私からもっとお伝えしたいこと

上に戻る↑